Purchase HC8 Omani Spaces

at a special price of $5 for 1 SPACE!

Pay for them with more then 300 coins and ERC20 tokens,

such as BTC, ETH, LTC, CAPP, XZC and others.

See the full list in the Currency tab on the marketplace.

GO

私たちのコミュニティに是非ご参加ください!

地球はSpheroid(スフェロイド、回転楕円体)の形をしています。 Spheroidの世界は、地球上の拡張現実と仮想現実の世界です。
Мы называем эти участки Space

この世界は、視覚情報で満たされる三次元の区域で構成されており、各区域は地球の地理座標と厳密に対応しています。

私たちはこのような区域を Space と呼びます。

Мы называем эти участки Space

各Spaceには、広告、芸術作品や解説、ナビ、娯楽などのコンテンツを加えることができ、それらはSpace内で層状に分類されます。

Мы называем эти участки Space

Spaceの保有者はそれらの層内の情報を操作し、商業化を図ります。彼はまた、誰が、どのように、どのような条件で彼のSpaceに情報を加えることできるかを設定します。

Spheroid Universe Spheroid Universe Spheroid Universe Spheroid Universe Spheroid Universe
Spheroid Universe
Spheroid Universe

Spheroid Universeは、分権の理念に基づいた幅広い商業化の可能性を持つ、開かれたARプラットフォームです。

Spaceを商業化するもっとも見込みのある手段の一つが、拡張現実を利用した広告です。

Spheroid Universeは、広告の新たな巨大市場であり、そこでは広告収入のほとんどをIT企業ではなく、Spaceの保有者が得ます。この世界の広告は、ただの広告板、掲示板や動画などの退屈なものではなく、芸術作品です。色鮮やかで明るく、魅力的なのです。

Spheroid Universe

既にiOSとAndroid端末で機能しています。

Spheroid Universe

市場にある程度出ていて人気があるヘルメットや家具に全て対応します。

SPHEROID UNIVERSE プラットフォーム

プラットフォームのツール

SPHEROID UNIVERSE ARプラットフォームのインフラサービス

  • 広告ネット

    広告ネット

    プラットフォームの広告ネットを利用して、あなたのSpaceを広告主や広告代理店のために開放しましょう。

  • ARデザイナー/開発者の紹介

    ARデザイナー/開発者の紹介

    あなたのアイディア、商品やサービスを視覚化する人を早急に見つけ、アイディアが浮かんだ日からわずか数日でそれを世界中に紹介できます。

  • AR作品ショップ

    AR作品ショップ

    作品や背景を描いて販売したり、気に入った作品を購入して自分のプロジェクトに利用することができます。

  • コミュニケーションシステム

    コミュニケーションシステム

    あなたが興味を抱いているSpace保有者や他の利用者と早く、そして簡単に連絡をとり、共同プロジェクトを企画したり、おもしろいARコンテンツを共有したりして楽しむことができます。

  • Spaceマーケット

    Spaceマーケット

    有望なSpaceを流通市場で売買したり、転売したりすることで利益を得ることができます。

SHOW MORE
  • APIプラットフォーム

    APIプラットフォーム

    APIプラットフォームを利用して、現実の時間に合わせてその姿形を変えるインタラクティヴなARシーンを作成できます。

  • 分析サービス

    分析サービス

    Spaceの通行情報、商業的可能性、SpaceとARコンテンツ間の量的質的メトリックに関する情報を受け取ることができます。

  • 商品・サービスショップ

    商品・サービスショップ

    自身の商品を、最も先進的で魅力的な方法であるARで表現し、世界中のクライアントに対してセールスを行うことができます。

  • アプリケーションショップ

    アプリケーションショップ

    自身で開発した問題解決策やサービスをプラットフォームの利用者に提供して利益を得ることができます。

  • 投票システム

    投票システム

    プラットフォームのグレードアップや新しい機能を提案したり、あなたの興味や問題に対応できるツールの開発に参加することができます。

拡張現実の市場の状況について

ARの利用に関する問題

  • 利用者集団の形成

    ARアプリケーションの利用者引き込み・維持のためには常に作業しなくてはなりません。そのため、ビジネス自体が成り立つために必要なセールス、サービス、情報の提供に必要な作業が後回しになってしまいます。

  • AR利用の非効率性

    各利用者は自身のARアプリケーション開発のために相当の時間と費用をかけなければなりません。それに伴い、市場にある先進的な技術の利点を活かすことができなくなります。

  • 分析技術の不足

    広告、ビジネス活動の効率性を上げるのに必要なBIG DATAが収集されず、利用できません。

Spheroid Universeによる解決

  • 世界中のユーザーが対象

    プラットフォームの利用者は積極的に活動することによって、Spheroid Universeプロジェクトが対象とする世界中の全ユーザーに対して働きかけることができます

  • 役立つツールやサービス

    プラットフォームに既にあるツールを利用することによって、時間と費用を自身のアプリケーションの開発・改良にかける必要はありません。

  • 便利な分析ツール

    プラットフォームに蓄えられる情報に基づいて、自身のビジネス活動の分析や計画ができます。

AR市場規模

AR市場規模 Digi Capital

AR搭載機器

2018
900 000 000
ARKit + ArCore
2022
3 500 000 000
ARKit + ArCore + Smartglasses
Digi Capital

Spheroid Arena

Spheroid Arena

大規模なエリア、例えばスタジアムなどのスポーツ会場は、エリアの商業化の視点から見ると、最も将来性があります。

私たちは、収容人数が多く人気がある有名な1500以上のスタジアム(ウェンブリー・スタジアム、ユヴェントス・スタジアム、メルボルン・クリケット・グラウンドなど)を選び、それらと対応しているSpaceを他のSpaceと区別して残しました。

私たちはこれらのエリアとその商業化プロジェクトをSpheroid Arenaと名付けました。

Spheroid ArenaのパートナーはBetConstruct社です。
BetConstract

Spheroid ArenaのパートナーはBetConstruct社です。

BetConstruct社には、スポーツ会場で行われているすべてのイベントの情報をAPIを通じてSpheroid Universeのプラットフォームにリアルタイムで送信することに協力していただきます。

Spheroid Universeアプリケーションのユーザーは、スポーツイベントの動向に関する情報(例えば、トラックを走る選手のタイムとその他の選手との比較)を受け取り、広告主はスポーツイベントの動向に合わせて変化するインタラクティヴな広告を現実化することができます。

アプリケーションとマーケットプレイス
SPHEROID UNIVERSE

稼働中のSPHEROID UNIVERSE AR アプリケーションの動画

Spheroiud Universe AR
Spheroiud Universe AR
拡張現実アプリ「Spheroid Universe AR 」のアルファ版が iOS、Android端末でダウンロードできます。
Spheroiud Universe AR Spheroiud Universe AR
Space発行市場のマーケットプレイスは、2017年のⅣ期から機能しており、Spaceの購入と購入情報の記録は公のブロックチェーン Ethereumで行なっています。1000を超えるSpaceが既に購入され、2万以上のSpaceが予約されています。

プロジェクトの利点

Spaceを購入する5つの理由

  1. プラットフォーム、マーケットプレイスとiOS、Android向けのアプリケーションは既に稼働中です。

  2. これからの3-5年で爆発的な成長を期待できる市場

  3. グローバルなインフラ計画の設計経験を持つ、それぞれの分野のスペシャリストで構成されたプロジェクトチーム。

  4. Spaceがあれば、仮想資産ポートフォリオのお望みの一部分を、私たちが提供する有望なデジタルアセットに変換することができます。

  5. Spaceとは、国際法に基づく、ブロックチェーンの所有権目録で保障された、AR空間の土地区画内の私的所有財。

当プロジェクトの計画フロー

  • プロジェクト構想

    「Space」が定義され、その所有に関する事項を検討

    2014–2016
  • プラットフォームのプログラムアーキテクチャ開発

    Spheroid Universeの金融アーキテクチャの開発

    Q1–Q2 2017
  • SPHEROIDのエコノミーシステムを公開

    • プロジェクトに関する情報を含むサイト spheroid.io を開始
    • Space発行市場における取引サービスを開始
    Q3–Q4 2017
  • 拡張現実アプリのMVPを試行

    ARアプリのアルファ版はiOSとAndroid端末でダウンロードできます

    Q1 2018
  • 平昌オリンピックにてプラットフォームの試験運用

    プラットフォームのデモンストレーションと非公開プレセールを実施

    Q1 2018
  • アプリケーション基本操作汎関数の起動

    • ARを利用したお祝いメッセージモジュール
    • ソーシャルなSpace取得
    Q3 2018
  • Spaceマイニングの始動

    トークンを支出せずに、選択されたSpaceを取得する仕組み

    Q3 2018
  • Space流通市場の取引サービスの開始

    公開市場でSpaceの売買ができます

    Q4 2018
  • 初版APIプラットフォームの公開

    • 初版APIプラットフォームの公開とBETCONSTRUCTとのAPI統合
    • Spheroid Arenaに基づく広告のグローバル展開の完成
    Q4 2018
  • アプリケーションのマーケットプレイス

    • APIを利用して、外部の開発者による当プラットフォームとの相互運用を可能にする
    • 外部の開発者によるアプリケーションのプラットフォーム利用者に対する販売を可能にする
    Q1 2019
  • WORLDWIDE広告設置サービスの試行

    • 広告運用とSpace保有者との相互作用のツール
    • 収支報告、分析モジュール
    Q1–Q2 2019
  • 広告主のためのサービスを開始

    • AR作品の販売所
    • デザイナー、プログラマー紹介所
    Q2–Q3 2019
  • 広告販売の開始

    • パートナー、ディストリビューターの引き込み
    • アメリカ、アジア市場にフォーカス
    Q3–Q4 2019
  • AR空間内での商品販売サービスの開始

    統一されたAR空間内の「広告ー販売」サイクルの提供

    Q4 2019
  • デジタル不動産市場の成長をサポートするサービスを開始

    • Spaceの流通市場における取引の汎関数の拡大:Spaceの利用に関するメトリック情報の提供
    • Space保有者とプラットフォームのその他の利用者間の複雑なスクリプトを実現するためのコミュニケーションシステムとスマート契約設計システムの開始
    2020
  • Spaceを担保にした融資メカニズムの実現

    • プラットフォームの利用者がSpaceを担保にして融資をうけるプログラムをKarma.REDと共同で始動
    • 流動性のあるSpace市場の設計・維持
    2020

チーム

アンドレイ・アリミャーシェフ

アンドレイ・アリミャーシェフ

CEO、共同創設者

事業家、広告代理店Navigatorオーナー。広告業界で12年の仕事経験を持つ。ブロックチェーンの熱烈な支持者。

アンドレア・デ・マルコ

アンドレア・デ・マルコ

CTO、共同創設者

ジュエリーブランド企業であるDI OTONOWA社の取締役社長。デルフト工科大学にて社会基盤工学分野で修士号を取得。ウーディネ大学にて社会工学分野でB.S.取得。

ユーリー・グーグニン

ユーリー・グーグニン

ブロックチェーン顧問

経済学Ph.D。ロシア連邦議会のブロックチェーン技術顧問団の副会長。2002年からIT業界に入り、2008年に初めてスタートアップを起業した。Webインテグレーター企業 ADVの元取締役。RIKデジタルビジネススクールの共同創設者であり、1000人以上を卒業させた。多数の企業(Hoff、re:Store、Samsung、LEGO、Nike)のeコマースの自動化システムに携わる。

ドミトリー・ポポフ

ドミトリー・ポポフ

COO、共同創設者

Uralsib銀行の営業部長兼副社長であり、KIT Finance 投資銀行の営業部長。モスクワ・オープン大学を卒業し、ロシア連邦大統領付属国民経営・国家事業ロシアアカデミーにてMBAを取得。

Alexandros Nersesyan

アレクサンドロス・ネルセリャン

CFO

英国勅許公認会計士(ACCA)。英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)会員。マンチェスター大学にてプロジェクトマネジメント学修士を取得。不動産学部学士。職歴:PricewaterhouseCoopers(PwC)にて法務責任者、Metlife & Real Estate agencyにて保険コンサルタントとして勤めた。

アレクサンドル・クレイン

アレクサンドル・クレイン

CCO、共同創設者

社会環境の方法学者、デベロッパー。社会事業、民間事業、国際機関やロシアの機関におけるソーシャル・コミュニケーションと教育、若手のスタートアップ事業、非公式な分散型コミュニティなどに携わる。若手のクリエイティヴな活動を支援するスタートアップ 「Sreda」、インドにてエコロジカルランドスケーププロジェクト 「Bodhidharmaの園」を立ち上げた。

ナターリア・ジャブロワ

ナターリア・ジャブロワ

クリエイティヴ・ディレクター、共同創設者

デザインとITのブランド展開を手がけるJewel Plus One Factorial (jewel+1)!の取締役社長。芸術家、デザイナー。

アレクセイ・アンドレーエフ

アレクセイ・アンドレーエフ

アートディレクター

画家、イラストレーター。アニメ映画「Ku! Kin-Dza-Dza」の背景美術監督、コンセプトアーティスト(2006-2012年)であり、この作品は2013年アジア太平洋映画祭最優秀アニメーション映画賞を受賞した。ストルガツキー兄弟の小説が原作のドラマ「路傍のピクニック」(Sony Pictures、2017年)でもコンセプトアーティストを務める。ノヴゴロド国立大学にて建築とデザインのM.A.を取得。

エヴゲニー・ジャブロフ

エヴゲニー・ジャブロフ

アート・スーパーバイザー

経済学Ph.D。金融業界で20年以上の経験を持つ。モスクワ市の有価証券市場委員会の元副委員長。「Passion Investments」融資部門の元部長(受託会社はLeader社)。ロシア連邦政府附属金融財政大学にてArt marketとPassion Investmentsの講座を創設、学術顧問を務める。第50、51回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展と第9、10回ベネチア・国際建築展のロシア館の委員を務める。GIA Graduate Gemologist(宝石鑑定士)。

アンドレイ・ヴォスクレセンスキー

アンドレイ・ヴォスクレセンスキー

PRディレクター

メディアプロジェクトの指揮を担当。連邦メディア局、広告大企業、不動産企業や金融機関のメディア部門における20年以上の仕事の経験を持つ。加えて、ロシア地理協会の元副会長、テレビ局「Kultura」、「TVCentr」、「TV-6」の副局長を務めた。

アレクサンドル・セィソイェンコ

アレクサンドル・セィソイェンコ

サポートサービスとコミュニティマネジメントの指揮を担当。

ロシア連邦産業財産権機関(FIPS)の科学・教育部門の部長、知的財産権と技術運用のエキスパート・コンサルタント。学歴:ロシア連邦附属金融財政アカデミー(ロシア)、モスクワ国立大(ロシア);イノベーション・エコノミーをマサチューセッツ工科大学で学ぶ。文化・知的財産権と金融テクノロジー(フィンテック)分野のプロジェクト企画・運営に20年間精力的に携わってきた。芸術に関わる出版活動でもめざましい業績を残す(ArtChronica誌)。先行投資の経験を持つ。

アレクセイ・オトラドノフ

アレクセイ・オトラドノフ

WEB開発チーフ

フルスタックエンジニア・設計者。eコマース用プラットフォームの初期共同開発者。専門領域:Microsoft社のテクノロジースタックにおけるクラウドソリューション開発(ASP.NET Core、Azure Cloud)。

アレクセイ・キネフ

アレクセイ・キネフ

システム設計者

「JokeLikeMe」取締役社長、「05Bit」社のFonder & Full Stackプログラマー、Python開発者、コンピュータービジョン・人工知能分野における専門家、事業家。モスクワ物理工科大学卒業。

ルスタム・サラヴァトフ

ルスタム・サラヴァトフ

AI開発チーフ

スタートアップ企業 life2film.com 創設者。バシキル国立大学にてビジネスアクセラレーター講座主任、研究員。専門領域:機械学習、AI、WEB開発、3Dグラフィック、ニューラルネットワーク、防犯カメラの画像情報に基づく3D空間構築。

Антон Бормисов

アントン・ボルミソフ

コンピュータービジョン担当

物理・数学分野の博士候補。機械学習、コンピュータービジョンに精通。

ドミトリー・クドリャフツェフ

ドミトリー・クドリャフツェフ

仮想経済アドバイザー

市場経済学修士。コミュニティマネージャー(2000-2006)、ITSMマネージャー(2002-2015)。TENEX(「ロスアトム」グループの代表企業)にて、元情報技術副マネージャー。複数のITサービスで合計150万人のクライアントを持つ。経験豊かなプロジェクトマネージャー。2014年にロシアの最優秀ITSMマネージャー、2015年に最優秀情報セキュリティマネージャーに選ばれる。ビジネスエンジェル、顧問、Cryproecono.me Labs創設者。

もっとみる

パートナー

BetConstract

World leader in the development of programming solutions for the gambling industry has started to develop AR/VR Casino and social games for Spheroid Universe application.

Karma

Decentralized cross-border p2p loans ecosystem will create opportunities to borrow and lend at good rate using Spheroid Universe Spaces.

Cappasity

3D Product imaging platform helps to create and embed 3D Views within Spheroid Universe Spaces.

Hydrocarbon 8

A British oil & gas exploration and production company in the Middle East & North Africa region has started using Spheroid Universe Spaces for visualization of the company’s surface and subsurface facilities and synchronization with company’s real time operations.

SPHEROIDに関するニュースを受け取る

私たちのコミュニティに是非ご参加ください!